広告 口座開設

【解説】SBI VCトレードの口座開設と特徴‼選ばれる理由を徹底解説

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

SBI VCトレードの口座開設の方法を知りたいな。

今回は仮想通貨取引所の一つ「SBI VCトレード」の口座開設について手順や特徴などを解説していきます。

この記事を読めば取引所の特徴や口座開設の手順はバッチリだよ。

今回の記事でわかること

  • SBI VCトレードとは?
  • SBI VCトレード5つの選択
  • 口座開設手順
  • 紹介キャンペーンについて

それでは解説していきます。

SBI VCトレードとは?

SBI VCトレードは東京都港区六本木に本社がある日本の暗号資産取引所です。

SBIホールディングス傘下のSBI VCトレード株式会社が運営しているので安心感があります。

暗号資産の売買を始め、レバレッジ取引や自動積み立てなど様々なサービスを利用することが出来ます。

SBI VCトレード5つの特徴

続いてSBI VCトレードの特徴について見ていきましょう。大きく分けて5つの特徴があります。

選べる取引スタイル

SBI VCトレードでは現物取引に加えて、レバレッジ取引や積み立て暗号資産など様々な取引サービスがあります。

銘柄のラインナップが豊富

ビットコインをはじめ、XRP、イーサリアムなど全20種類の取引が可能です。

500円から購入可能

積み立て暗号資産が初めてでも安心のワンコイン500円から購入可能です。
初心者にとっては安心の価格設定と言えます。

各種手数料が無料

口座開設手数料をはじめ、入出庫手数料や入金手数料など無料で使用できます。

安心のセキュリティによる取引環境

東証プライム市場上場のSBIホールディングス株式会社傘下、SBIグループ100%子会社として最高基準のセキュリティで資産管理をしています。

口座開設の手順

ここからは口座開設の手順について解説していきます。

メールアドレス登録

口座開設ページにアクセスし「個人」「法人」の種別を選択します。

SBI VCトレードにログインする際に使用するメールアドレスを入力し「メールアドレスで登録」を押します。

パスワードを設定

設定したアドレス宛に仮登録メールが届くのでメール本文内のURLを開きます。

ログイン時に使用するパスワードを設定します。

約款や利用規約などに同意し「登録」を押すと仮登録が完了します。

電話番号を認証

電話番号を入力し、確認方法の「SMS認証」「電話番号認証」を選択し「登録」を押します。

選択した方法で確認コードが届くので、次の画面で「認証する」を押します。

基本情報を入力

氏名、投資経験、銀行口座の登録に必要な基本情報を入力していきます。

すべて入力したら「次の画面へ」を押します。

スマホでかんたん本人確認

「スマホでかんたん本人確認」を選択すると簡単に本人確認が行えます。

手順に従って撮影すればOKです。

全ての登録が完了すると審査結果待ちになり、メールが届くと取引が開始できます。

紹介キャンペーンについて

SBIVCトレードでは紹介キャンペーンも行っています。

内容は以下の通りです。

【紹介者】
現金1000円をプレゼント。(※最大10名まで紹介可能)

【被紹介者】
現金1000円をプレゼント。

このように紹介した人、紹介された人ともに1000円を貰うことができます。

なお、SBI VCトレードでは紹介コードをSNSやブログ等で掲載することはNGとされているので、紹介コードを利用したい方は筆者のXアカウントにDMするか、こちらのブログにお問い合わせください。

まとめ

今回の記事ではSBI VCトレードの口座開設方法や特徴について解説しました。

日本の大手企業であるSBIグループの取引所なので、これを機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

口座開設はこちらから

-口座開設